Cs2Cpp (C# から C++) トランスレーターのリリース 24.2

Major Features

None.

Minor fixes

  1. File::SetLastWriteTime now throws an ArgumentOutOfRangeException if passed time is invalid.
  2. Path::GetTempFileName creates unique file now, not only generates file name.
  3. System::String indexer now throws IndexOutOfRangeException when index is out of range.
  4. CppSkipEntityAttribute now applies to structures.
  5. Added basic System::Activator support.
  6. Translation for Color.IsNamedColor property is implemented.

Public API and Backward Incompatible Changes

None.

Download CodePorting.Translator.Cs2Cpp.Framework from NuGet

Open NuGet package manager, search for CodePorting.Translator.Cs2Cpp.Framework and install. You may also use the following command from the Package Manager Console. PM> Install-Package CodePorting.Translator.Cs2Cpp.Framework

ダウンロードトライアル

CodePorting Translator Cs2Cpp 24 2

これは、既存の C# コードを C++ に変換できる CodePorting.Translator Cs2Cpp の完全なパッケージです。 追加: 2024/02/16
ダウンロード ファイルサイズ: 188Mb

CodePorting Translator Cs2Cpp Framework 24 2

サポートされているすべてのプラットフォームのライブラリ ビルドが含まれています (完全なパッケージをすでに持っている場合は必要ありません) 追加: 2024/02/16
ダウンロード ファイルサイズ: 184Mb

CodePorting.Translator Cs2Cpp について

CodePorting.Translator Cs2Cpp は、API やコード ドキュメントを変更せずに両方の言語で同じバージョンのソフトウェアをリリースするために、C# ソース コードから C++ への変換を自動化するのに役立つトランスパイラー ソリューションです。 プロジェクトを変換した後、コードを CodePorting.Translator.Cs2Cpp.Framework にリンクしながらコンパイルする必要があります。これも NuGet 経由で利用できます。

その他のリリース

2024:
24.5
- 2024/05/16
24.4
- 2024/04/18
24.3
- 2024/03/14
24.2
- 2024/02/16
24.1
- 2024/01/19
2023:
23.12
- 2023/12/20
23.11
- 2023/12/01